カフェテイン副作用まとめ|ドクター コーヒー 授乳中・妊娠中に飲んでも大丈夫?

この記事では、カフェテインの副作用と有効成分を徹底解説します。

テレビ番組や人気女性誌、有名メデイアで紹介され、SNSでも話題になっているカフェテイン。

毎日飲んでいるコーヒーをカフェテインに置き換えるだけで簡単にダイエットができるなんて、チョット魅力的ですよね!

しかし、カフェテインに魅力を感じながらも、副作用はないのか心配になってしまう方も多いと思います。

特に、妊娠中の方や授乳中のママさんは、カフェテイン飲んでもお子さんに影響がないのか気になるところですね。

そこでこの記事では、カフェテインの副作用と有効成分を徹底解説します。

  • カフェテイン妊娠中、授乳中でも子供に影響はない?
  • カフェテイン副作用は?
  • カフェテイン成分は?

それではさっそく、ご説明していきますね!

▼お届け回数しばりナシ!▼
\980円(送料・税込)でカフェテインを体験しよう!/
公式サイトはこちら
/お届け回数の縛りなし\
▲初回分180日間全額返金保証▲

カフェテインは妊娠中・授乳中は飲んでも子供に影響はない?

結論から申し上げますと、カフェテインにはカフェインが含まれています

なので、ご飲用については、かかりつけの医師にご確認いただき、お召し上がりいただきますことをおすすめ致します。

世界保健機関(WHO)によると、妊婦の1日あたりのカフェインの摂取量は最大300mg未満にするのが望ましいとされています。

さらに、英国食品基準局(FSA)では、妊娠中の女性の1日あたりのカフェインの摂取量は最大200mg未満にするように求めています。

授乳中の摂取量に関しては、明確な基準はありませんが、厚生労働省はカフェインに敏感な方は飲用を控えることを推奨しています。

ちなみに、妊娠中、授乳中の方のカフェイン接種に関しては、厚生労働省ホームページに詳しくまとめられています。

詳細が、気になる方は確認してみてくださいね。

厚生労働省ホームページはこちら>>>

カフェテインカフェインの含有量

メーカーに確認いたしましたところ、カフェテインの1袋あたりのカフェイン含有量は以下の通りになります。

《カフェテイン1袋あたりのカフェイン含有量》
コーヒー味 43.2mg
カフェラテ味 19.9mg
キャラメルラテ味 14.2mg

ただし、妊娠中、授乳中の方は、かかりつけのお医者さんの相談の上、飲用することをオススメします!

カフェテインの副作用は?

カフェテインは薬ではないので、副作用の心配はありません!

カフェテイン1日何杯までのめるの?

カフェテイン1日何杯まで飲むことができるのかを気にする方も多いようですが、量に関しても、1日に何杯までといった、制限はございません。

ただし、繰り返しになりますが、妊娠中、授乳中の方は、かかりつけのお医者さんに相談しましょうね!

また、カフェテインにはカフェインが含まれていますので、過剰摂取すると寝不足になることも考えられますので、常識の範囲で飲むするようにしましょう!

カフェテインのカロリーは?

カフェテインのカロリーを気にする方も多いようです。カフェテインのカロリーはフレーバーによって異なりますが、コーヒー味は9キロカロリー、カフェラテ味とキャラメルラテ味は11キロカロリーです。

いずれのフレーバーも超低カロリーなので、気にする必要はありませんね!

Dr.Coffeeカフェテイン成分は?

それではカフェテインに含まれる成分を見て行きましょう!

シクロデキストリン(環状オリゴ糖)

シクロデキストリンは、じゃがいもやトウモロコシなどのデンプンから作られた100%の天然成分です。

シクロデキストリンの主な特徴は、3つ。

ひとつ目は、過剰摂取しがちな糖質の吸収をおさえてくれること。

ふたつ目は、悪玉コレステロールの増加を防いでくれること。

3つ目は、腸内フローラを整え、便秘になりにくく太りにくい体質にしてくれることです。

有胞子乳酸菌

有胞子乳酸菌とは、生きて腸まで届く乳酸菌のことです。

一般的な乳酸菌は、胃酸や熱で、腸に届く前にほとんどが死んでしまいます。

それに対し、有胞子乳酸菌は、酸や熱に強いため、しっかりと腸に届き腸活をサポートしてくれます。

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸は、腸内を弱酸性の環境にする働きがあります。

その結果、悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖をサポートしてくれることとなります。

また、ウィルスや病原菌の増殖も抑えてくれますので、免疫力をアップさせる働きもしてくれます!

L-カルニチン

L-カルニチンは、ひと言で説明すると“脂肪をエネルギーに変換して燃やしてくれるアミノ酸”です。

脂肪を効率よく代謝してくれることにより、ダイエット効果が期待されます。

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイル(中鎖脂肪酸)は、ココナッツやパームフルーツに含まれる天然成分です。

MCTオイルの主な特徴は、2つ。

ひとつ目は、カロリー燃焼量を増加させる働きがあること。

ふたつ目は、満腹感を感じ安くなることです。

――――――――――――――

以上のように、有効成分が豊富に含まれているカフェテイン。

飲むだけで体内環境を整えてくれ、ダイエット効果が期待できるのも納得できますね!

有効成分が効果を発揮するメカニズムは、ドクターコーヒの公式サイトで詳しく紹介されています。

もっと知りたい詳しく知りたい方は、公式サイトをのぞいてみてください。

カフェテインの有効成分のメカニズムを知りたい!
カフェテインの公式サイトはこちら>>>

 

まとめ

カフェテインの副作用と有効成分を徹底解説致しました。

カフェテインは副作用の心配が無いこと、カフェテインは低カロリーであること、そしてカフェテインには栄養成分が豊富に含まれていることをご理解頂けたと思います。

ただし、カフェテインにはカフェインが含まれているので、妊娠中や授乳中の方は、かかりつけのお医者さんにご相談の上引用するようにしてくださいね!

▼お届け回数しばりナシ!▼
\980円(送料・税込)でカフェテインを体験しよう!/

カフェテイン副作用、有効成分まとめ

/お届け回数の縛りなし\
▲初回分180日間全額返金保証▲

コメント

タイトルとURLをコピーしました